あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

COUNT FIVE "PSYCHOTIC REACTION"

f0194236_21151952.jpg

サン・ホセ出身のガレージ・バンド、カウント・ファイブのファーストアルバム&ボーナストラック付きのベスト盤。ファースト・アルバムは1966年リリース。

当時は「ヤードバーズに対するアメリカからの回答」と言われたらしいが、The Whoから影響を受けたらしく、フーのカバー曲が2曲も入ってます(My Generation, Out In The Street)。これらは、やはり本家のほうがいいです。

また、ブルースやソウルからも影響を受けてるようで、曲のクレジットにCurtis Mayfield(You Must Believe Me) 、Pat Briley(Revelation In Slow Motion)、 Maurice Rodgers(Mailman)、などがあります

全体的にはヤードバーズ寄りな雰囲気。音はバリバリ60年代の香りがプンプンです。

シングル"Psychotic Reaction"は、全米5位までランク・インしたらしいが、その後はパッとせず、いわゆる一発屋のようですが、個人的には、Psychotic~よりいい曲が何曲か入ってると思います。5曲目She's Fine や、17曲目Revelation In Slow Motionなどはかなり私好み。

一時期、60年代ガレージ・サイケに興味を持って、13th Floor Elevatorsを初め、The Electric Prunes やThe Shadows of Knightなども聴きましたが、13th~は別としても、他のガレージバンドとはそんなに差のないくらい良いバンドじゃないかな?と思います。
[PR]
by gazing | 2008-12-06 21:37 | phychedelic/garage
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite