あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

あの店も閉店!

バウスシアター閉館、タワー横浜やWAVE閉店と、やたら「閉」な話を続けてしまったが、その後の調べで"思い出の飲食店"も次々と閉店していることが発覚。ショックに次ぐショック(涙)。

その1:新宿ローリング・ストーン
新宿3丁目(その後5丁目に移転していたらしい)にあった老舗ロック・バー。
今年の11月2日をもって、閉店するそうな。
私が初めてその店に連れて行ってもらったのは18歳のときで、なぜかとても緊張しました。
お店の奥にDJブースがあって、お客がリクエストしたい曲を紙に書いてDJに渡す、というシステムだったと思う。当然私も何度か好きな曲を紙に書いたが、1度もかけてもらったことはなかった。やっぱり私のようなコドモはまだまだだと思った。
1972年から営業していたそうで、ローリング・ストーンはずっとあって当然みたいな感じだったのに。




その2:下北沢ぶーふーうー
zooの帰りに、この店でよく電車の始発を待っていました。深夜に開いている店が少なかったのでありがたかった。
ちょっと間の抜けた可愛らしい店名のわりに、店は半地下で薄暗く、オシャレ感のない昭和レトロというか、下北沢の雑多な感じそのままな摩訶不思議な雰囲気が、クラブ帰りで気だるい気分によく合ってました。
いつも飲み物しか頼まなかったから喫茶店だと思っていたけど、実は食事もアルコールも出すレストランだったようで。そういえば行くと必ずゴキに遭遇していたような気がする。
あれから20年以上経っても見た目全然変わってなかったようなのに、今年の4月で閉店してしまったそうです。残念。




その3:鎌倉 門
これは音楽とは全然関係ない店なのだけど、とても気に入っていたので、またいつか行こうと思って結局行くことないまま昨年6月に閉店してしまっていた。
鎌倉市内に住んでいたこともあったのに、行かなかったのが悔やまれる。
こちらは本当に昭和レトロ。白いソファがオシャレで、奥にはガラス越しに坪庭が見えた記憶がある。
駅から小町通りに入ってすぐのところにあって、外は観光客などでざわざわしているのに、店内は時が止まったように静かで、とても居心地がよかった。
今まで知らなかったが北鎌倉にもこの店があるそうで、そちらはさらに佇まいも雰囲気があるらしい。「いつか」ではなく今度こそ「近いうち」に行ってみようと思う。



ほんと、自分は20世紀で時間が止まっているというか21世紀を生きてない感じ。
今、都内に行ってもちゃんと帰ってこられるのだろうか?浦島太郎だ。







[PR]
by gazing | 2014-09-26 11:39
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite