あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

Throwing Muses - "The Real Ramona"

f0194236_22332514.jpg








1991年、4ADより。
Throwing Musesは、1981年結成、1986年に4ADで初のUSバンドとしてデビューアルバムを
リリースしている、キャリアの長いバンドです。しかし日本では、同じ4ADで彼らより後発の
Pixiesなどのほうが注目されちゃったな~という感じでした。

この”The Real Ramona”のときのメンバーは、
Kristin Hersh – vocals/guitar
Tanya Donelly – guitar/vocals
Fred Abong – bass
David Narcizo – drums
で、KristinとTanyaは異母(父)姉妹らしいです。

このアルバムをリリース後、Tanyaは脱退し、PixiesのKim Deel達とThe Breedersを結成
します。その後、今度はBellyを結成します。Bellyには、Real Ramonaのときのベーシスト、
Fred Abongも参加しています。
現在もKristinとDavidはThrowing Musesとして活動しているようです。
さてこのアルバム。私個人としては、当時もそんなに聴かなかったのが正直なところですが、
下の3曲は気に入っていました。Tanyaはとってもきれい。

★Counting Backwards

このシングルを聴いて、このアルバムを買いました。このぐるぐる回るような感覚と、
ヴォーカルKristinの、かわいらしいルックスにしては意外にドスの効いた(?)歌が好きです。

★Not Too Soon

とってもポップでかわいい曲。でもかわいいだけじゃなくひねったところがいいです。
どこかのバンドもこんな感じの曲が多いんだけど、思い出せない・・・。

★Two Step

この曲が1番好きです。この映像、どこかのライヴハウスで映したもののようですが、ど真ん中に
柱があるってどういうこと?!渋谷クアトロをちょっと彷彿とさせるような(苦笑)。
オーディエンスがうるさいのがやや難ありですが、この曲の動画がこれしかなかったので。

1.counting backwards
2.him dancing
3.red shoes
4.graffiti
5.golden thing
6.ellen west
7.dylan
8.hook in her head
9.not too soon
10.honeychain
11.say goodbye
12.two step
[PR]
by gazing | 2010-01-10 22:37 | grunge/alternative
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite