あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

GIRL - "WASTED YOUTH"

f0194236_15232883.jpg








1982年、Jet Recordsより。

Girlの2ndアルバムであり、ラストアルバム。
このアルバムもバンド自体も、不運としか言いようのないものであったらしい。

Girlは、1978年にオランダのアムステルダムで、ジェリー・ラフィーとフィリップ・ルイスが
出会ったことから結成されたバンド。当時フィリップの恋人であった、元ボンドガールのグラマラス
女優ブリット・エクランドのコネクションで、Black Sabbathのマネージャーであった
ドン・アーデンのレーベル、Jet Recordsからデビュー。ギタリストに、現Def Leppardの
フィル・コリンが在籍していた。

NWOBHMの中でも個性的なファッションとルックスの良さから、日本では女子を中心にかなり
人気があったらしく、またUFOのサポートとして全英ツアー、1stアルバム“Sheer Greed”
発表後のアジアを含む日本公演の成功と、デビューはなかなか華やかであったが、セカンド・
アルバムのレコーディングから、レコード会社側のアメリカ市場を意識する思惑と、Girl側との
激しい対立により、結局アルバムは予定より1年も遅れて発表されることになる。
そして、このセカンドアルバム発表までのトラブル、マネージャーの力不足(最後にはジェリー・
ラフィー自らマネージメントをしていた)、Ozzy Osbourneとの全英ツアーの中止、フィル・
コリンのDef Leppardへの移籍と、不運が相次ぎ、結局この”Wasted Youth”を最後に解散して
しまう。
このWasted Youth制作時は、バンドは精神的にも身体的にもボロボロだったらしく、後に
フィリップが「あの状態の中ではよくできたアルバムだと思う」と語っていたらしい。

このアルバムは売り上げが不振だったらしく、私が初めて聴いたときも「?」だったが、
ベスト盤のほうで気に入ってよく聴く曲は、このWasted Youthに入っているものも多く、
改めてこのアルバムを聴いたらすごく良くて、いまではヘヴィロテで聴いている。
いまや、ルックスがどうのとか全然関係ナシに、とは言い切れないが(Girl時代のフィリップの
美形ぶりは本当にホレボレする)、とにかくGirlが大好きだ。はっきり言って、L.A.GunsやDef
Leppardよりかっこよくて古い感じがまったくしない曲ばかりだ。Girlの曲はイントロがめちゃ
くちゃかっこいいものが多い。フィル・コリンのギターの力量がストレートに伝わってくるし、
フィリップ・ルイスの歌は決してうまくはないが、歌い方や声に魅力があってとても惹きつける
ものを感じる。

不運続きゆえの短い活動と、たった2枚しかリリースされなかったアルバム、というのはとても
悔しいが、その「美人薄命」なところがまた私にとって魅力的なのかも。
ちなみに、私が特に好きな曲は、1.thru the twilight, 3.ice in the blood, 4.wasted youth,
8.19。You Tubeには、このアルバムからの曲はSweet KidsのOld Grey Whistle Testでの
動画しかないのがとても残念。

1.THRU THE TWILIGHT
2.OLD DOGS
3.ICE IN THE BLOOD
4.WASTED YOUTH
5.STANDARD ROMANCE
6.NICE ‘N’ NASTY
7.McKITTY’S BACK
8.19
9.OVERNIGHT ANGELS
10.SWEET KIDS

ここから余談。
今まで使っていたパソコンが、とうとうイカレてしまい、急遽新しいのを買ったのだが、
これがまさに「サクサク使える」ので、先代のパソコンでは見ることのできなかった、画像や動画がたくさんあるサイトなどを、ここぞとばかりに観まくっていた1週間でした。
先代のパソコンは、私にとっては2代目(2台目)のもので、初代のは型の古いものを安く買ったのだが、2代目は当時新しく出たモデルのものであり、なけなしのお金をはたいて買ったこともあって思い入れの深いパソコンであった。3年ぐらい前に修理に出したときにはすでにPC〇ポの店員さんに「いまどきこんな古いの使っている人いませんよ。わざわざ直すくらいなら、新しいのを買ったほうがいいですよ。」とさえ言われた代物である。まー立ち上がるのも遅いわ、ギーギーガーガー常にノイズを発するわ、動画は固まるわ画像の多いサイトやブログは開かないわで、それはそれは不便極まりないストレスをたくさん与えてくれたパソコンだった。しかしそのダメさ加減が自分に似ていて、妙に愛着があったので、腫れ物に触れるようにそーっと使っていた。最近はしょっちゅう落ちてしまい、ネットにつながらなくなりつつあったので、断腸の思いで新しいものに替えたのだが、世間一般のパソコンはこんなに使えるものなのか!いままでの不便さはいったいなんだったのか!と、便利さのありがたみをしみじみ噛みしめたのであった。そして、ときには不便な生活も必要なのだと改めて思うのでありました。
[PR]
by gazing | 2009-11-29 15:43 | hardrock/heavymetal
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite