あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

Philip Lewis (10) L.A.GUNS - "COCKED & LOADED"

今日も出かける途中にGirlを聴いていた。もうGirlにすっかりハマっている。
いったいどうしたことか?!30年も前の、しかも当時聴いていたわけでもないから当然思い出が
あるわけでもなく、ビートルズやストーンズといった大御所でもないのに?!

当時のRock ShowやMusic Lifeではカラーページで特集が組まれていたらしい。

・・・読みたい!

が、そんな古いバックナンバーが手に入るはずもなく、そういえば昔、友人が
「国会図書館には日本で発行されたすべての刊行物が置いてある」
とかなんとか言ってたな~、国会図書館に行けば読めるかも?!
とさえ考えてしまう有様。そもそも国会図書館に行ける時間的余裕も自由もないのだけど。

ほんと、Girlの曲のイントロのかっこよさとか、ギターがすごくいいんだよねー。
古いとかそんな感じ全然ないし!むしろL.A.GUNSのほうが・・・
あっ!L.A.GUNSのアルバムの話ではないですか、今日も。気を取り直してまいりましょう。

さて、L.A.GUNSの出世作といわれる2nd。
f0194236_2229597.jpg
"COCKED & LOADED"
1989年










またこんなジャケットかい・・・。ご丁寧に、バンド名のロゴのドットにはあいかわらず”ヤッターマンドクロ”
がついてるし。画のタッチなどはグレードアップしているが、いかんせん構図が・・・。
当時まだ親からおこずかいもらっていた学生の身分であった私には(しかも月数千円)、これをレジに
もっていく勇気がなかったのか、このアルバムはもってませんでした。今はもっと恥ずかしくってヤダ。
ネットは便利だな~とつくづく思いました。
アルバム自体は前作に比べてかなり洗練されて、とても良い仕上がりになっているのだから、ジャケを
なんとかして欲しかった。そういえば、タイトルは当初"sex,booze & tatoos"になるのを変更した
とか。そういういかにもなストレートすぎる内容全然ナシなタイトルじゃなくてホントに良かったと思う。

ジャケでこんだけケチをつけておきながら言うのもナンですが、中身は素晴らしいです。
日本盤は16曲入り!バラエティー豊かになってます。
そして、この頃のバンドのメンバーはほんとにかっこよかった!このアルバムの頃が、L.A.GUNSの
最も良い時期だったとしみじみ思うのです。この頃のL.A.GUNSに戻れないかと切なくなるくらい。

1.LETTING GO
2.SLAP IN THE FACE

1曲目でいきなりガツンとやられて、2曲目3曲目とつながるあたりはすごくイイです。
1stアルバムの楽曲のような突っ走り系の曲なのに、やぼったさがなくなっていて、
成長したなーと思わせるところ。

3.RIP AND TEAR

この曲は、私の”L.A.GUNSベスト曲トップ5”に入ります。
PVも気に入ってます。やっぱり、余計な演出はいらない!ライヴが一番!
歌詞はあいかわらずだけどね~。
[PR]
by gazing | 2009-09-27 23:02 | hardrock/heavymetal
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite