あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

SAINT ETIENNE "FOXBASE ALPHA"

f0194236_2023328.jpg1.This is Radio Etienne
2.Only Love Can Break Your Heart
3.Wilson
4.Carnt Sleep
5.Girl VII
6.Spring
7.She's the One
8.Stoned To Say The Least
9.Nothing Can Stop Us
10.Etienne Gonna Die
11.London Belongs To Me
12.Like The Swallow
13.Dilwoeth's theme

セイント・エティエンヌの1stアルバム、1991年ヘブンリー(クリエイション)より。


セイント・エティエンヌって意外と長くやってるらしいのは今日初めて知りました。

私はこのアルバムしか持っていないのですが、これが出た当時(90年代初期)は、ハウス全盛期で、これもハウスっぽく作られています。

が、Vo.のサラ・クラックネル嬢の、どことなく60年代を匂わせる麗しいルックスと、かわいらしい(キャッチーな、言われる)声が、サウンドにオシャレ感をプラスしています。
チープなサンプリングもまたイイ感じです。

ニール・ヤングのカバーである、2.Only Love Can Break Your Heartのシングルはいろいろなリミックスバージョンが入っており、かのアンディ・ウェザオールもリミックスしています。

私が好きなのは、この2曲目と、同じくシングルカットされた9.Nothing Can Stop Us と、11.London Belongs To Meです。11曲目なんて、かわいいんですよね~。

初期ハウスになんとなくおフランスな香りをプラスしたオシャレな音楽、という感じでしょうか。今日、車を運転しながら聴いていたら、かなり良いBGMで、これまた”あの音をもう一度”聴いて良かったと再発見!CDはむやみに手放すもんではありませんネ。
[PR]
by gazing | 2009-05-23 20:54 | UKindies
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite