あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

THE BOO RADLEYS - "Everythng's Alright Forever"

f0194236_22471342.jpg









Boo Radleys は、私にとっては残念なバンドの1つでした。
というのも、個人的にはクリエイションでのこのファースト・アルバムの頃までのブー・ラドリーズが好きだったからです。

ブー・ラドリーズはシューゲイザー勢では遅れて出てきた感があるバンドでしたが(他のUKシューゲイザーバンドと違って美少年系でもないし)、ポップ寄りながら透明感があってなんといってもメロディが美しく、「いいバンドだな」と思っていました。世の中はもうシューゲイザーやマンチェブームの終焉に向かっており、この頃のブー・ラドリーズは世間でもそんなに注目されていたわけじゃなかったような気がします。

が、のちに「wake up boo!」なんて超ポップな曲を作るようなバンドになるとは、この頃は誰が予想できたでしょうか?!
バンド名より有名になった、史上最も幸せにしてくれる曲だかなんだかに認定されたとか言う曲ですが、あの底抜けに明るい「元気いっぱい夢いっぱい!!」な曲のイントロを聴くと、私はゲンナリしてしまうのです・・・。

多分あの曲がキライなんて言っているのは私ぐらいなもんでしょうが、とにかくシューゲイザー好きな私としては、ブー・ラドリーズは初期が本当によかったです。このアルバムは、美メロ揃いで今聴いても良いです。


1992 / Creation

1.SPANIARD
2.TOWARDS THE LIGHT
3.LOSING IT (SONG FOR ABIGAIL)
4.MEMORY BABE
5.SKYSCRAPER
6.I FEEL NOTHING
7.ROOM AT THE TOP
8.DOES THIS HURT?
9.SPARROW
10.SMILE FADES FAST
11.FIRESKY
12.SONG FOR THE MORNING TO SING
13.LAZY DAY
14.PARADISE


☆SPANIARD


☆SKYSCRAPER


☆LAZY DAY

[PR]
# by gazing | 2012-06-10 22:53 | shoegazer

PRIMAL SCREAM - "IF THEY MOVE, KILL 'EM"(EP)

f0194236_22273316.jpg









MBVつながりで、今日はプライマルのこのシングルを。
しかし今日のキーワード(?)は、Sun Ra。
この人↓
f0194236_22281951.jpg








土星から来たと公言していたらしいですが、ルックスはファラオ(笑)。


この曲はプライマルの1997年リリースのアルバム“VANISHING POINT”5曲目のIF THEY MOVE,KILL ‘EMをMBVのケヴィン・シールズがリミックスをしたもので、このシングルは1998年にクリエイションからリリースされています。また、2000年リリースのアルバム”EXTERMINATOR”にMBV ARKESTRA 〔IF THEY MOVE,KILL ‘EM〕というタイトルで入っています。

この曲のタイトルのMBV ARKESTRAに注目。MBVはリミックスしたケヴィン・シールズがMBVのメンバーだからわかりますが、ARKESTRAとは?
ここでさきほどのSun Raが登場です。Sun Raとは、1934年から活動していたフリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズなどのアーティストで、彼が主導するミュージシャン団体が”The Arkestra”といい、ケヴィンがサン・ラをリスペクトしていたため、そこからネーミングを拝借となったようです。

私はサン・ラのことをよく知らなかったのですが、YouTubeのおかげで“動くサン・ラ”を見ることができました。”SPACE IS THE PLACE”を初めて観たときは「B級SF映画か?!」って感じでしたが、なんだかついつい見入っちゃいました。

↓さわりの部分だけ抜粋したものを。
☆Sun Ra – Space Is The Place(1974)



さてこのシングル、2曲目は、JAMCの曲のカヴァーで、3曲目はIF THEY~のミックス・ヴァージョン、4曲目は2曲目のカヴァーの別ヴァージョンとなっています。
個人的には、オリジナルのIF THEY~より、ケヴィンのヴァージョンのほうがノイズに引き込まれていく感じがして好きですね。

1998 / CREATION

1.IF THEY MOVE KILL ‘EM – MY BLOODY VALENTINE ARKESTRA
2.DARKLANDS
3.12” DISCO MIX
4.BADLANDS


☆IF THEY MOVE KILL ‘EM – MY BLOODY VALENTINE ARKESTRA

[PR]
# by gazing | 2012-05-21 22:35 | rock

my bloody valentine - "ecstasy and wine"

f0194236_21125313.jpg









MBVのep’s 1988-1991を聴いてから、またまたノスタルジーに浸っています。
でも多分MBVの作品で私が1番良く聴いているのは、ecstasy and wineかなと思います。

これは、MBVがクリエイションに移籍する前に所属していたLAZYで、1987年にリリースしたシングル”strawberry wine”と “ecstasy”の2枚をあわせたもので、レーベルがバンドの了承を得ないまま勝手にリリースしてしまった(この件でバンド側とレーベル側でかなりもめたらしい)アルバムです。

バンドには申し訳ないが、ファンとしては入手困難だった初期MBVの音源が聴けるとあって嬉しい1枚でした。

バンド結成当時のオリジナルメンバーが2人脱退し、その後ベースのデビーとギター&ヴォーカルのビリンダが加入して、初期のゴス色が完全に払拭され繊細でポップな曲となった作品で、この頃はLovelessのような他に類を見ない“孤高の美しさ”はまだあまり見受けられませんが、このecstasy and wineを聴くとケヴィン・シールズのメロディーの素晴らしさがとても良くわかります。

MBV作品が続々とリマスター再発されているので、このecstasy and wineもぜひ!と願いたいところですが、レーベルとのトラブルがあったゆえに難しいかもしれませんね・・・。


1989 / lazy records

1.strawberry wine
2.never say goodbye
3.can I touch you
4.she loves you no less
5.the things I miss
6.i don’t need you
7.(you’re) safe in your sleep (from this girl)
8.clair
9.you’ve got nothing
10.(please) lose yourself in me


☆(please) lose yourself in me

[PR]
# by gazing | 2012-05-13 21:19 | shoegazer

my bloody valentine - "ep's 1988-1991"

f0194236_13434742.jpg









ついに出た。
新譜じゃなくてもすごく嬉しい。

もう神様的存在。


2012 / sony music

CD1
1.you made me realize
2.slow
3.thorn
4.cigarette in your bed
5.drive it all over me
6.feed me with your kiss
7.i believe
8.emptiness inside
9.i need no trust
10.soon
11.glider
12.don’t ask why
13.off your face

CD2
1.to here knows when
2.swallow
3.honey power
4.moon song
5.instrumental no.2
6.instrumental no.1
7.glider (full length version)
8.sugar
9.angel
10.good for you
11.now do you do it
[PR]
# by gazing | 2012-05-10 13:48 | shoegazer

SWERVEDRIVER - "SANDBLASTED"(EP)

f0194236_21175565.jpg









ここ数日、SWERVEDRIVERばかり聴いてます。
特に、RAVE DOWNとSANDBLASTEDのEP2枚をリピートで。

これらのEPは本当にかっこいい。表題曲以外の曲も全部イイ。
というか、SWERVEDRIVERに駄作はないと思う(raiseとMEZCAL HEADの頃までしか追ってませんでしたが・・・)。

90年代初期のクリエイションのバンドだったからか、シューゲイザーに括られていますが、MBVや RIDEの系統とは異なり、どちらかというとUSオルタナ/グランジ系に近いのかもしれないが、US勢の ヘロヘロおちゃらけ感はみじんもなし。

ダイナソーJr.寄りと言われていますが、ヴォーカルが気だるい感じがだからかもしれません。Adam Franklinのヴォーカルは男っぽくて、J Mascisとはテイストが違うけど。

疾走感があってかっこよくて男気があって、でも力んでなくて、シューゲイザーやオルタナのいいところを微妙なバランスで持ち合わせているのが魅力です。
メロディー重視の期待を裏切らない佳曲ばかり。SWERVEDRIVERは今でもホントに好きだな。

ところでこのSANDBLASTEDのEPですが、RAVE DOWNと同じく私は4曲目が1番気に入ってます。RAVE DOWNのEPも SANDBLASTEDのEPも、表題曲以外は95年にリリースされた編集盤”JUGGERNAUT RIDES ’89-‘98”に収録されていないのがとても残念。


SANDBRASTED (EP) / CREATION / 1991

1. SANDBLASTED
2. FLAWED
3. OUT
4. LAZE IT UP


☆LAZE IT UP

[PR]
# by gazing | 2012-04-27 21:22 | shoegazer
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite