あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

SWERVEDRIVER - "SANDBLASTED"(EP)

f0194236_21175565.jpg









ここ数日、SWERVEDRIVERばかり聴いてます。
特に、RAVE DOWNとSANDBLASTEDのEP2枚をリピートで。

これらのEPは本当にかっこいい。表題曲以外の曲も全部イイ。
というか、SWERVEDRIVERに駄作はないと思う(raiseとMEZCAL HEADの頃までしか追ってませんでしたが・・・)。

90年代初期のクリエイションのバンドだったからか、シューゲイザーに括られていますが、MBVや RIDEの系統とは異なり、どちらかというとUSオルタナ/グランジ系に近いのかもしれないが、US勢の ヘロヘロおちゃらけ感はみじんもなし。

ダイナソーJr.寄りと言われていますが、ヴォーカルが気だるい感じがだからかもしれません。Adam Franklinのヴォーカルは男っぽくて、J Mascisとはテイストが違うけど。

疾走感があってかっこよくて男気があって、でも力んでなくて、シューゲイザーやオルタナのいいところを微妙なバランスで持ち合わせているのが魅力です。
メロディー重視の期待を裏切らない佳曲ばかり。SWERVEDRIVERは今でもホントに好きだな。

ところでこのSANDBLASTEDのEPですが、RAVE DOWNと同じく私は4曲目が1番気に入ってます。RAVE DOWNのEPも SANDBLASTEDのEPも、表題曲以外は95年にリリースされた編集盤”JUGGERNAUT RIDES ’89-‘98”に収録されていないのがとても残念。


SANDBRASTED (EP) / CREATION / 1991

1. SANDBLASTED
2. FLAWED
3. OUT
4. LAZE IT UP


☆LAZE IT UP

[PR]
by gazing | 2012-04-27 21:22 | shoegazer

My Generation - 20 Sixties classics from the modern world /V.A.

f0194236_19404482.jpg









モッズ・ジャケ3枚目は、TELSTARより1992年リリースの”My Generation -20 Sixties classics from the modern world”というコンピ盤。

これも前回の編集盤と同じく60’sモノを集めたものですが、こちらは60年代ブリティッシュ・ビート勢ぞろいといった感じの、有名どころ多し。

多分ジャケがモッズだから買ったと思うのですが、この1枚で60年代の20バンドの音源が聴けるというのはありがたかったと記憶してます。


1Spencer Davis Group/Keep On Running
2The Troggs/ Wild Thing
3The Animals / Don't Let Me Be Misunderstood
4The Zombies / She's Not There
5The Yardbirds / Shapes Of Things
6The Kinks / Dedicated Follower Of Fashion
7Scott Walker / Jackie
8Lovin' Spoonful / Summer In The City
9Pretty Things / Don't Bring Me Down
10Nashville Teens / Tobacco Road
11Small Faces / All Or Nothing
12Chris Farlowe / Out Of Time
13Amen Corner / (If Paradise Is) Half As Nice
14Georgie Fame & Blue Flames / Yeh Yeh
15The Searchers / Needles And Pins
16The Hollies / I'm Alive
17The Move / Night Of Fear
18Manfred Mann / 5-4-3-2-1
19The Tremeloes / Here Comes My Baby
20David McWilliams / The Days Of Pearly Spencer


☆The Tremeloes / Here Comes My Baby

[PR]
by gazing | 2012-04-26 19:50 | mods/garage

MOD GEAR - Various Artists

f0194236_19194247.jpg








モッズ・ジャケ2枚目は、ビクターより1994年にリリースされた、小松崎健郎氏&コレクターズの加藤ひさし氏企画・監修による日本編集盤“MOD GEAR”。

すべてパイ音源だそうですが、収録バンドはキンクスぐらいしか有名どころはいません。が、オビに「詳細な曲目解説付」(笑)と書いてあるとおり、小松崎氏によるこの解説を読むと「おっ!」なのです。

たとえば8曲目のEPISODE SIXは、ディープ・パープルのイアン・ギランとロジャー・グローヴァーが在籍していたバンドとか、10曲目のTHE RIOT SQUADはミッチ・ミッチェル、ジョン・ロードの名前が、12曲目のJOHN PAUL JONESはツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズだとか。

この解説読むと、聴いてみたくなりますよね。モッズ云々より、もはや“資料”って感じですかね。皆さんそれぞれこの時点ではその後の勇姿を想像させないところがいいです(笑)。

94年当時、モッズが日本においてどれだけ市民権を得ていたのか憶えていませんが、この編集盤は5万枚も売って、続編まで出たとか。

1.REMO FOUR / PETER GUNN
2.THE KINKS / WHOLL BE THE NEXT IN LINE
3.THE LANCASTRIANS / LET’S LOCK THE DOOR (AND THROW AWAY THE KEY)
4.TONY JACKSON WITH THE VIBRATIONS / FORTUNE TELLER
5.COPS N’ ROBBERS / I COULD HAVE DANCED ALL NIGHT
6.CARNABY / JUMP AND DANCE
7.THE SORROWS / TAKE A HEART
8.EPISODE SIX / PUT YOURSELF IN MY PLACE
9.THE TRUTH / I GO TO SLEEP
10.THE RIOT SQUAD / I WANNA TALK ABOUT MY BABY
11.ROB STORME & WHISPERS / LOVE IS STRANGE
12.JOHN PAUL JONES / BAJA
13.THE TAKERS / IF YOU DON’T COME BACK
14.THE CLIQUE / WE DIDN’T KISS, DIDN’T LOVE, BUT NOW WE DO
15.PETER JAY & THE JAYWALKERS / PARCHMAN FARM
16.THE JOHN SCHROEDER ORCHESTRA / AGENT OO SOUL
17.THE ALAN BOWN SET / EMERGENCY 999
18.GENO WASHINGTON & THE RAM JAM BAND / SHE SHOT A HOLE IN MY SOUL
19.A BAND OF ANGELS / (ACCEPT MY ) INVITATION
20.TONY COLTON & THE BIG BOSS BAND / I STAND ACCUSED
21.KENNY VERNARD / AIN’T NO SOUL LEFT IN THESE OLD SHOES
22.TIMEBOX / SOUL SOURCE

☆The Lancastrians / Let’s lock the door (and throw away the key)


☆Tony Jackson With The Vibrations / Fortune teller

[PR]
by gazing | 2012-04-22 19:22 | mods/garage

MODS MAYDAY '79

f0194236_1913757.jpg








ブログを休んで早くも1年近く。
もうブログやってたことも忘れちゃったくらいツライ時期でしたが、ようやく少し落ち着いたかな?
せめて夏休み前までは細々とやっていけたらいいな、と淡い希望もかねて再び戻ってきました。

さて、またお得意の“3連発”。
今回は「モッズジャケ3続き」です。

今日は、ネオ・モッズの入門/定番コンピ、”MODS MAYDAY ‘79”。
その昔、モッズのファッション性(べスパ・ランブレッタ・モッズパーカ・細身スーツ・・・)に憧れた私が、ジャケ買いしたコンピ盤でございます。
このジャケは有名ですが、ほんとにかっこいいですよね。

中身は、‘79年のモッズ・リバイバル期に、ロンドンのクラブ“ブリッジ・ハウス”で行ったネオ・モッズバンドのライヴ音源です。
音がイマイチですが、熱気がムンムン伝わってきます。
Secret Affairがやはりダントツ引き締まってますが、The JamっぽいBeggarや、パンク寄りのThe Modsも良し。

1979 Bridgehouse Records / 1993 DOJO LTD

1.SECRET AFFAIR / Time For Action
2.SECRET AFFAIR / Let Your Heart Dance
3.BEGGAR / Don't Throw Your Life Away
4.SMALL HOURS / Hanging In The Balance
5.THE MODS / Tonight’s The Night
6.THE MODS / Let Me Be The One
7.SQUIRE / B-A-B-Y Baby Love
8.SMALL HOURS / Midnight To Six
9.BEGGAR / Broadway Show
10.BEGGAR / All Night
11.THE MODS / Love Only Me
12.SQUIRE / Walking Down The King’s Road
13.SQUIRE / Live Without Her Love
14.SECRET AFFAIR / I’m Not Free (But I’m Cheap)
15.SMALL HOURS / End Of The Night
16.MERTON PARKAS / Tears Of A Clown
17.MERTON PARKAS / Tell Me What I Say


☆The Mods / Let Me Be The One


☆Beggar / All Night


☆Secret Affair / I’m Not Free (But I’m Cheap)


☆Merton Parkas / Tears Of A Clown

[PR]
by gazing | 2012-04-14 19:21 | mods/garage
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite