あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

DROP NINETEENS "your apuarium e.p"

f0194236_17152098.jpg
1.my apuarium (second time around)
2.mandy
3.nausea
4.angel


1992年、Hutより。

自分の中でマンチェブームとはいえ、シューゲイザーも忘れておりません。

これは、US版シューゲイザーバンドですね。
USでも、Medicineほどノイズがキツくなく、ヴォーカルがはっきりしています。
UKシューゲイザーバンドと違うところは、UK系はPVでもライヴでも半裸にはなりません(笑)。

このバンドについては、このシングルしかもっていないうえに詳しいこと知らないので、
なにはともあれPVをご覧ください!



[PR]
by gazing | 2009-08-31 17:29 | shoegazer

milltown brothers "slinky"

f0194236_1349116.jpg







1.apple green
2.here i stand
3.sally anne
4.which way should i jump?
5.nationality
6.never come down again
7.something cheap
8.seems to me
9.sandman
10.real

1991年、A&Mより。

スープドラゴンズから、いまさらだけど心はすっかりマンチェスターになっています。

そんなこんなでミルタウン。

当時はマンチェ弟分の”one of them”的な見方をしていましたが、久々に聴いてみると、
良質ギターポップでした!一連のマンチェ勢とはちょっとテイストが違います。
どちらかというと、Power Of Dreamsみたいな感じでしょうか?Vo.の髪型が似てる!?

どうやら、ベスト盤が去年だか今年にチェリーレッドから出ているようです。
最近やたらベスト盤や再発が多いですね~。
やっぱり私のように「あの頃の曲が聴きたい!」という我々世代のニーズが高まっているのでは
ないでしょうか?!


[PR]
by gazing | 2009-08-31 14:02 | manchester/brit pop

番外編: なつかしのあの曲 90’s その1

お盆以降、忙しくなってしまい、気が付けば明後日は9月・・・!
ブログもなかなか更新できず、ストレスはつのるばかりです。
そういえばチェリーレッド特集やってたのですが、今はそんな気分でもなく、とにかく
懐かしい曲を聴きたくて今日はそれらの曲を選んでみました。
スープドラゴンズはストーンズのカバーですね。懐かしいですね~!
テレスコープスはクリエイションのシューゲイザーバンドです。このVo.のようなカッコした人、
当時よくいましたね。
ミニストリー!!このころにNINも出てきましたね。
NINのHead Like A Holeも懐かしいですね~♪これも載せとけばよかったかも。

SOUP DRAGONS "I'M FREE"


THE TELESCOPES "CELESTE"


MINISTRY "BURNING INSIDE"

[PR]
by gazing | 2009-08-30 20:47 | rock

blind mr. jones "tatooine"

f0194236_21393878.jpg






1.hey
2.disneyworld
3.viva fisher
4.see you again
5.big plane
6.drop for days
7.surfer baby
8.please me
9.what's going on
10.mesa


1994年、cherry redより。

cherry redから出ているCD、なかったかな~と探してみたら、これが出てきました。
正直言って、今日までこのCDのことをすっかり忘れていました。
当然どんな音だったか全然憶えていないので、ともかく聴いてみたら、もービックリ!

まだあったよcherry redのシューゲイザーバンドが!というのと、
このアルバムすっごく私の好みなんですけど!という驚き。

ああそういえば聴いたことあるな、と思い出してきましたが、当時はあまり興味を
ひかなかったんでしょうね。94年っていったら、USグランジ&オルタナティブ系を
主に聴いてましたから。

地味で暗い感じ、この暗さはCatherine Wheelに近いかな?でも、C.Wheelのような
ドンヨリはしておらず、透明感があります。
シューゲイザーの真骨頂である、フィードバック・ノイズや陶酔感といったものもなく、
すごく物静かで華やかさもナシ。

しかし、この「物静かでちょい暗めでゆっくり」な感じが、あれからすっかりトシをくった
今の私にはめちゃくちゃイイのです。

いーやー、こんな掘り出し物がウチにあったとは、ブログやってなきゃ永遠に聴かなかったかも
しれなかったから、まさにこのブログの醍醐味ですね。自分の中では久々のヒットです。

このアルバムで好きな曲は、1と6ですが、7などはなんとなく80年代な雰囲気が、
そして9はJAMCの”Stoned & Dethroned”のアルバムを思わせるようなメロディーです。

このバンドはSlowdiveのNeil Halsteadが見出して、Cherry Redにデモテープを
持ち込んだ、とのことですが(でもSlowdiveってCreationじゃなかった?)、このアルバムが
出た頃はもうシューゲイザーのムーブメントは去っていたせいか、ぱっとせず解散して
しまったようです。

blind mr. jonesのアルバムは廃盤になってしまったようですが、2008年に、アルバム2枚
全曲を含むベスト盤が出ています。音源がもう手に入らない!って状態じゃなくてホッとしました・・・。
[PR]
by gazing | 2009-08-16 22:13 | shoegazer

the charlottes "things come apart"

1.liar
2.prayer song
3.see me feel
4.by my side
5.mad girl's love song
6.beautify
7.love in the emptiness
8.we're going wrong
9.blue
10.venus


1991年、cherry redより。

チェリーレッド・ミニ特集第2弾、シャーロッツの2ndアルバムです。

シャーロッツは、ヴォーカルのぺトラが”影響を受けたバンド”として、MBV、RIDE、
CHAPTERHOUSE等を挙げている通り、シューゲイザー的バンドです。
チェリーレッドでほとんど唯一のシューゲイザーバンドかも?

国内盤(TOYS FACTORYから出ている)のライナーノーツに、ぺトラが
「(MBVなどに)似ているとか似てないとかは、あくまでもメディアの勝手な見方。」
と言っていた、と書いてありましたが、私個人の感想としては、このアルバムの場合

M2 - Pale Saints
M3,M5 ,M9- 初期Ride
M6 - 技法がisn't anythingの頃のMBV、メロディーが初期Ride
M8 - MegaCity4

に似てるな~と思ってしまうのです。あくまでも私の個人的感想ですが!
ちなみに、10曲目のVenusは、S.ブルーのカヴァーです。

このアルバム後、ベースとドラムが脱退してしまい、解散となってしまいました。
このドラムのサイモンは、この後Slowdiveに加入してます。

ジャケ写が取り込めなかったので、ベスト盤のジャケですみません。↓

f0194236_14271036.jpg
[PR]
by gazing | 2009-08-14 14:32 | shoegazer

The Seers "Psych Out"

f0194236_21253536.jpg











1.Wild Man
2.Rub Me Out
3.One Summer
4.Welcome To Dead Town
5.I'll Be There
6.You Keep Me Praying
7.Walk
8.Sun Is In The Sky
9.Fly Away
10.Breathless
11.Freedom Trip
12.(All Nite Late Bar)Tequila Drinkin' Blues
13.Magic Potion
14.Lightning Strikes


1990年、Cherry Redより。

今日の夕刊を流し読みしていたら、音楽の欄でWARPレーベルやZTTレーベルのアーティストの
アルバムについて書いてありました。
WARPもZTTも、2000年から音楽聴いてない私にとっては懐かしい響きで、そういえば90年代は
”ジャケ買い”ならぬ、”レーベル買い”とかしていたな~と思い出しました。
レーベル買いといっても、クリエイションぐらいだけど。

そんなこんなで、ちょびっとレーベル特集もいいかなと、今日はチェリーレッドから。

チェリーレッド=ネオアコ、というイメージがあったのですが(モノクローム・セットなど)、この
The Seersは、はっきりいって「どうしたチェリーレッド?!間違えちゃった?」と思うような、
まったく異色なバンドです。

メンバーのルックス含め、パンク系です。私個人はこっち系の音が好きなのですが、
今聴くとちょっと気恥ずかしい感じの曲もなきにしもあらず。
しかし、4、8、9、10あたりは美メロでなかなかよいのです。当時一番好きだった曲は14かな。

けっこういい曲書いているし、このアルバムには入ってないけど"Psych Out"というシングルなども
よかったのに、マンチェやシューゲイザーやハウスなどの「この頃のUKのムーブメント」に属して
なかったからか、あんまりパッとせずに消えてしまったと思われます。
この1stアルバムでいきなり14曲も入れちゃって、力尽きてしまったか?!

Wiki見たら、デッド・ケネディーズもチェリーレッド?!
異色バンドはシアーズだけじゃなかったようですね。
他のインディーレーベルより、冒険がお好きなようで。
[PR]
by gazing | 2009-08-06 22:03 | UKindies

AMATEUR -MUSIC FROM THE FILM BY HAL HARTLEY-

f0194236_2219321.jpg
1.Apuanettas "Mind Full of Worry"
2.My Bloody Valentine "Only Shallow"
3.P.J.Harvey "Water"
4.Red House Painters "Japanese to English"
5.Yo La Tengo "Shaker"
6.Bettie Serveert "Tom Boy"
7.Liz Phair "Girls! Girls! Girls!"
8.The Jesus Lizard "Then Comes Dudley"
9.Pavement "Here"
10.Jeffery Taylor and Ned Rifle


1994年、MATADORより。

今日は、ハル・ハートリー監督の「愛・アマチュア」のサントラ盤です。

この頃は、ハル・ハートリー監督作品が好きで観ていましたが、この映画の内容は
全然憶えてません。

しかし!見てくださいこのサントラ盤のラインナップを!!
素晴らしいですね~、とくに、My Bloody Valentine,P.J.Harvey,Yo La Tengo,Pavementなど
入ってて嬉しい限りですね。

映画やサントラと関係ないのですが、ハル・ハートリー監督はかなりイケメンです。
[PR]
by gazing | 2009-08-04 22:37 | movie

番外編: 車にいつも積んでいるCD その1

f0194236_21222267.jpg











CHAPTERHOUSE / the best of Chapterhouse


f0194236_21233423.jpg











THE CHARLATANS / MELTING POT


f0194236_2124369.jpg











SWERVEDRIVER / JUGGERNAUT RIDES '89 - '98


3枚ともベスト盤ですね。
なぜベスト盤ばかりというと、私の車にはCDチェンジャーというものがなく、
そして運転ドヘタなので、運転中にCDをなるべく変えずに済むように曲数の
多いCDを選ぶ、という単純な理由なのですが、
この3枚のCDはまさにベスト中のベスト、Best of Best!
すばらしい曲ばかりで言うことありません!
[PR]
by gazing | 2009-08-03 21:41 | UKindies

thee michelle gun elephant "chicken zombies"

f0194236_1885279.jpg











1.RUSSIAN HUSKEY
2.HI! CHINA!
3.MONGOOSE
4.GET UP LUCY
5.THE BIRDMEN
6.BOOGIE
7.I've never been you.(Jesus Time)
8.COW
9.CULTURE
10.SUNNY SIDE RIVER
11.BRONZE MASTER
12.ROMANTIC
13.I've never been you.(King Time)

1997年、日本コロムビアより。


夏休みに入ったら少しはラクになるかと思ったら、余計忙しくなっていた!
ブログをサボったまま、気づいたら8月に入ってました。
こうやってあっという間にトシを取っていくんだな・・・。

遅ればせながら、lunaさんのブログでアベフトシ氏が亡くなったことを知り、
今日はこのアルバムを選択しました。

中学から洋楽しか聴かず、90年代初期の、いわゆる”渋谷系”もろくすっぽ聴かなかった私
ですが、珍しく日本のバンドに食指が動いたのが、thee michelle gun elephantでした。

当時、友人のCさんに薦められて聴いてみたのですが、これが私の好みにピッタリの音で、
またルックスもネオ・モッズっぽくて「日本にもこんなかっこいいバンドがいたとは!」と驚きました。

確か、私がミッシェルで一番最初に買ったのは"Get Up Lucy"のシングルだったかな?

thee michelle gun elephantというバンド名が、The Damnedの"machine gun etiquette"の
聞き間違えが由来だった(ホントかどうか知りませんが)というのも、ダムド好きな私には嬉しい
エピソードだし、なんといっても彼らのおかげで、大好きなThe Prisonersの当時までレアだった
アルバムが日本盤で再発されたのには大感謝でした(ミッシェルのメンバーが好きな、パブ・ロック
やガレージ、ネオ・モッズ系のバンドが注目されたわけですね)。
MilkshakesやThee Headcoatsなども、彼らのおかげで注目されたと思います。

Cさんと、Cさんの弟クンと3人で行った横浜アリーナのライヴもすごくカッコよくて、Cさんの影響も
あって、その後少し私の中では日本のバンドブームとなりました。

さてこのアルバム。
ジャケも中ジャケもすべてかっこいいですね。私がもってるCDには、初回限定特典なのか
忘れましたが、ステッカーが入ってるのですが、このステッカーはThe Whoもしくはレッチリの
パクリ?
Get Up Lucyなどはシングルのほうが良いと思うのですが、The Birdmenなんかはもうかなり
私の好みです。

あんまり人気が出たので、かえって聴かなくなっちゃったのですが、解散したと聞いたときは
とても残念でした。日本で一番かっこいいバンドだと思ってましたから。

もうこのメンバーであの音がもう聴けないのは、さみしいです。
[PR]
by gazing | 2009-08-02 18:57 | rock
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite