あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:shoegazer( 27 )

blind mr. jones "tatooine"

f0194236_21393878.jpg






1.hey
2.disneyworld
3.viva fisher
4.see you again
5.big plane
6.drop for days
7.surfer baby
8.please me
9.what's going on
10.mesa


1994年、cherry redより。

cherry redから出ているCD、なかったかな~と探してみたら、これが出てきました。
正直言って、今日までこのCDのことをすっかり忘れていました。
当然どんな音だったか全然憶えていないので、ともかく聴いてみたら、もービックリ!

まだあったよcherry redのシューゲイザーバンドが!というのと、
このアルバムすっごく私の好みなんですけど!という驚き。

ああそういえば聴いたことあるな、と思い出してきましたが、当時はあまり興味を
ひかなかったんでしょうね。94年っていったら、USグランジ&オルタナティブ系を
主に聴いてましたから。

地味で暗い感じ、この暗さはCatherine Wheelに近いかな?でも、C.Wheelのような
ドンヨリはしておらず、透明感があります。
シューゲイザーの真骨頂である、フィードバック・ノイズや陶酔感といったものもなく、
すごく物静かで華やかさもナシ。

しかし、この「物静かでちょい暗めでゆっくり」な感じが、あれからすっかりトシをくった
今の私にはめちゃくちゃイイのです。

いーやー、こんな掘り出し物がウチにあったとは、ブログやってなきゃ永遠に聴かなかったかも
しれなかったから、まさにこのブログの醍醐味ですね。自分の中では久々のヒットです。

このアルバムで好きな曲は、1と6ですが、7などはなんとなく80年代な雰囲気が、
そして9はJAMCの”Stoned & Dethroned”のアルバムを思わせるようなメロディーです。

このバンドはSlowdiveのNeil Halsteadが見出して、Cherry Redにデモテープを
持ち込んだ、とのことですが(でもSlowdiveってCreationじゃなかった?)、このアルバムが
出た頃はもうシューゲイザーのムーブメントは去っていたせいか、ぱっとせず解散して
しまったようです。

blind mr. jonesのアルバムは廃盤になってしまったようですが、2008年に、アルバム2枚
全曲を含むベスト盤が出ています。音源がもう手に入らない!って状態じゃなくてホッとしました・・・。
[PR]
by gazing | 2009-08-16 22:13 | shoegazer

the charlottes "things come apart"

1.liar
2.prayer song
3.see me feel
4.by my side
5.mad girl's love song
6.beautify
7.love in the emptiness
8.we're going wrong
9.blue
10.venus


1991年、cherry redより。

チェリーレッド・ミニ特集第2弾、シャーロッツの2ndアルバムです。

シャーロッツは、ヴォーカルのぺトラが”影響を受けたバンド”として、MBV、RIDE、
CHAPTERHOUSE等を挙げている通り、シューゲイザー的バンドです。
チェリーレッドでほとんど唯一のシューゲイザーバンドかも?

国内盤(TOYS FACTORYから出ている)のライナーノーツに、ぺトラが
「(MBVなどに)似ているとか似てないとかは、あくまでもメディアの勝手な見方。」
と言っていた、と書いてありましたが、私個人の感想としては、このアルバムの場合

M2 - Pale Saints
M3,M5 ,M9- 初期Ride
M6 - 技法がisn't anythingの頃のMBV、メロディーが初期Ride
M8 - MegaCity4

に似てるな~と思ってしまうのです。あくまでも私の個人的感想ですが!
ちなみに、10曲目のVenusは、S.ブルーのカヴァーです。

このアルバム後、ベースとドラムが脱退してしまい、解散となってしまいました。
このドラムのサイモンは、この後Slowdiveに加入してます。

ジャケ写が取り込めなかったので、ベスト盤のジャケですみません。↓

f0194236_14271036.jpg
[PR]
by gazing | 2009-08-14 14:32 | shoegazer

RIDE "NOWHERE"

f0194236_21192052.jpg
1.seagall
2.kaleidoscope
3.in a different place
4.polar bear
5.dreams burn down
6.decay
7.paralysed
8.vapour trail
9.taste
10.here and now
11.nowhere

1990年、Sire Recordsより。

言わずと知れたライドの1stアルバムですね。
シューゲイザーといえばライド、というくらいこのジャンルじゃ超有名なアルバムなので、
いまさら私が言うことはないのですが、ちょっと心身共にくたびれて、久々に聴きたくなりました。

先日出かけるときに車の中でこれをかけたら、このアルバムの素晴らしさに目が覚めるようでした。
どんよりとした曇り空の中、体調も悪く「ダルイ・・・」と思いつつ運転していましたが、
車の中の狭い空間が、このアルバムをかけたとたん、瑞々しい透明感のある美しいハーモニーに
包まれて、ノイズギターの轟音が陶酔感に・・・。

ちょうど走っている道路から海が見えて、カモメが飛び交っていたので、1曲目のシチュエーションに
バッチリだったのが相乗効果で、それはつかの間の幸福感に酔いしれた、といっても
過言ではありませんでした。

ライドは本当に大好きなバンドで、チッタでのライヴもすごくワクワクして行ったのを今でも
思い出します。
ヴォーカルもギターもメロディーもメンバーのルックスも初期のシングルのジャケットもすべて
美しく、もう完璧です。
個人的にはローレンスのドラムが一番好きで、このアルバムも期待を裏切ることなくドラムが
冴えまくっています。

しかし、このアルバム後、だんだん曲の方向性が変わっていき、結局解散して、
マーク・ガードナーはソロに、アンディ・ベルはオアシスに入ってしまいました。
オアシスも好きだけど、アンディは「ライドのアンディ」のイメージなので、違和感があり、
正直「なんでオアシスに?!」という思いは拭えません。

このアルバムは、今聴いても「すばらしい!」の一言につきます。
私にとって、心が病んだときはシューゲイザーの陶酔感が良薬だとしみじみ思ってしまいます・・・。


ここから余談。
6月末に多忙な用事があり、そこで精神的にも疲れてしまい、また苦手な梅雨の蒸し暑さに
すっかりダウンしてしまいました。それでもって、気づけば2週間近く更新をサポってました・・・。
先日、胃が痛くて夕方寝転んでTVを眺めていたら、ちょうどやっていた番組が”ごくせん”の
再放送で、そこで亀梨クンがSuicideのTシャツを着ていて「あーSuicideだー。
このアルバム聴きたいんだよね。亀梨クンはSuicideは知らないだろうけど、
この人昔のアクセル・ローズにちょっと似てない?」とかくだらないことを考えてました。
なんだかやっぱり疲れてるな、私は。
[PR]
by gazing | 2009-07-11 22:03 | shoegazer

PALE SAINTS "THE COMFORTS OF MADNESS"

f0194236_1575447.jpg

諸般の事情により、約半年間も更新せずにおりました。やれやれ。

さてさて、久々の「あの音をもう一度」第一弾は、「約20年ぶりに聴いて、こんなに素晴らしいアルバムだったのかと再発見」した、ペイル・セインツの1stです。1990年、4ADより。


タイトルは、「狂気のやすらぎ(ポール・セイヤー著)」から取ったようで、このアルバムが出た当時、この本も読みました。内容は、確か精神病の人の話だったと思います。

このアルバムは、そのタイトルにピッタリです。しかし、このアルバムが出た頃は私は10代の終わり頃で、そんなにこのアルバムを評価していませんでしたが、今聴いてみたらすごく素晴らしく、目からウロコが落ちるようでした。

曲の全体の流れが美しく、文学的で芸術的です。柔らかなメロディーの中にノイジーなギターが牙を剥き、Vo.のイアン・マスターズの声(ルックスも)が繊細で神経質でいかにも気難しそうなところが、曲やアルバムのイメージにまさにピッタリで完璧です。ジャケットも美しく、ネコなところが大好き。

この当時のインディーバンドのPVは、たいていお金をかけてなくバンドが演奏しているところを録ってるだけ、というものが多かったのですが、ペイル・セインツはPVもアートでした。”Time Thief(時間泥棒)”のPVなどは、まるでヒッチコックの映画のよう。

91年の川崎のチッタでのライヴを観に行きましたが、わりと空いていて観客のノリもイマイチな感じでした。
当時のシューゲイザー勢の中でペイル・セインツは異色で、同じ4ADのLushのようにポップでもなく、クリエイションのRideやMBVのようなキャッチーさもなく、非常に近寄りがたい雰囲気が日本ではあまりウケなかったのでしょうか?

1. Way the World Is
2. You Tear the World in Two
3. Sea of Sound
4. True Coming Dream
5. Little Hammer
6. Insubstantial
7. Deep Sleep for Steven
8. Language of Flowers
9. Fell from the Sun
10. Sight of You
11. Time Thief

4曲目のTrue Coming Dream と、11曲目の Time Thief は特に大好きな曲です。もう名曲。

バンドはその後、イアン・マスターズが脱退し、2ndアルバムの'In Ribbons'を出して、バンドも解散してしまったようです。この1stはもう廃盤になっているみたいですが、このアルバム持ってて良かったです。
[PR]
by gazing | 2009-05-17 15:51 | shoegazer

RIDE "SMILE"

f0194236_21545514.jpg

シューゲイザーといえば、RIDE。

そのデビューシングルとセカンドシングル(”赤ライド””黄ライド”と呼ばれているもの)をあわせたお徳盤。赤ライド、黄ライドが手に入らなかった私にはありがたい企画盤。

もう、私にとってのRIDEは、アルバム"NOWHERE"までだなあ。
特にこのデビュー当初のシングルこそまさしくRIDE!これは今聴いてもすごくイイ!
あのころを思い出す~♪
4.close my eyesなんてもう最高!!

チッタのライブも良かった。あーあの頃に戻りたい・・・。

You Tubeで久々にlike a daydreamのPVを観たら、すっごい初々しくてかわいい!
特にアンディ!こんなにかわいかったのに、今じゃオアシスだものね・・・。
アンディは私にとっては永遠にRIDEのメンバーなのに。

RIDEはノイジーギターバンドと言われていたけど、私はローレンスのドラムが素晴らしいと思う。RIDEはドラムだ!
[PR]
by gazing | 2008-11-01 22:10 | shoegazer

SWERVEDRIVER"RAVE DOWN"

f0194236_17551148.jpg


シューゲイザーといえば、英CREATIONレーベル。ということで、今日はこのレーベルから1990年にリリースされた、SWERVEDRIVERの2枚目シングル”RAVE DOWN”。

このシングルは、当時まだビルとしてあった池袋WAVEで買ったのだけど、たった1枚だけあって「やったー!!」と思った記憶が。WAVEといえば、昔の池袋WAVEと渋谷クアトロWAVEはお気に入りの店でしたが、どちらもなくなってしまって(池袋は移転)残念!

このシングルには、

RAVE DOWN
SHE'S BESIDE HERSELF
AFTERGLOW
ZEDHEAD

の4曲が入っており、全部すごく良くて捨て曲なし!なかでも1番好きなのは"ZEDHEAD"。
もうかっこいい!!この曲をシングルとしてもいいんじゃないか!?なのにアルバムにもベスト盤にも入ってないようで、不思議。

個人的には、CREATIONに所属している他のバンドとは異質に感じるし、シューゲイザーに
くくられているけど、ノイジーじゃないし?
やっぱりRIDEやMBVほど注目されなかったけど、けっこう長くやってたし、今はどうしているのだろう?

それにしても、このシングルは今はなかなか手に入らないだろうし、あのころ手に入れることができて本当によかった!!宝物です。
[PR]
by gazing | 2008-10-24 18:24 | shoegazer

CHAPTERHOUSE"whirlpool"

f0194236_16384298.jpg

日々のストレスを少しでも解消すべく、過去に聴いていた音楽をもう1度聴いて、「あの頃は良かったな~」と感傷にひたりつつ、CDの整理も兼ねてブログを立ち上げました。

一番好きだったのは、RIDEやMY BLOODY VALENTINEといった、いわゆる”シューゲイザー”で、そのなかでもとりわけ気に入っていたのが、このCHAPTERHOUSE。
この"whirlpool"は、曲さながらにジャケも美しく、ネコ好きな私は某レコード店の視聴コーナーでずらっと並べられた光景に嬉しくなったものです。

私が買ったのは、"pearl"のシングルに入っている2曲がボーナストラックとして入っていた日本盤で、大好きな"breather" "pearl"が最初に続き、また大好きな"in my arms"で終わるという、お気に入りのアルバムで何度も聴きました。

絶盤になっていたようですが、2006年にcherryredが再発を出したらしく、それはボーナストラックがてんこもりで私が聴いたことのない曲が入っているので、それも買いたいと思っています。

他のシューゲイザーバンドに比べ、いまいち過小評価な存在でしたが、曲の美しさとルックスの良さは、もっと人気が出てよかったのではと今でも思います。
あっという間に終わってしまったシューゲイザーシーンでしたが、私はあの頃の音楽が永遠に好きです。
[PR]
by gazing | 2008-10-23 16:56 | shoegazer
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite