あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:guitar pop( 4 )

POPSICLE. - "lacquer"

f0194236_10403086.jpg









スウェディッシュ・ポップ全盛の90年代前半において、カーディガンズやクラウドベリー・ジャムの人気
により日本ではイマイチ注目度が低かったバンド、ポプシクルの1stアルバム。

ポプシクルは本国スウェーデンではかなり人気だったそうです。

しかしスウェーデンはホントに上質ポップを作るのがうまいと感心します。
税金高くても福祉がしっかりしているとか、気候が基本寒いから精神がダレないのか、そういった環境から
こういうケガレのない爽やかポップスが生まれるのだろうか?

ブリティッシュ・シューゲイザーの影響を受けたらしく、このアルバムの最後の曲13.slowはちょっと
シューゲイザーっぽいです。

アルバムを全部通して聴いてると、なんとなく1本調子な感じが無きにしもあらずですが、ギタポ好きの人
にはたまらない1枚でしょう。

ヴォーカルとってる人がちょっとコワイですが、その他のメンバーのルックスも女の子好みっぽいです。
ジャケが美しい。


1993 / Snap Records

1.Hey Princess
2.Popcorn
3.Undulate
4.How come we
5.Pale Honey
6.Irreplaceable
7.She
8.Template
9.True
10.A song called Liberty
11.Bird
12.Sandy
13.Slow

☆Hey Princess


☆Undulate



☆Sandy

[PR]
by gazing | 2012-07-20 10:43 | guitar pop

boyfriend - "hairy banjo"

f0194236_21201456.jpg








このバンドは、90’sにギタポ系を聴いていた人でも、もはや「いたいたこのバンド!」と
いうよりも「いたっけこんなバンド?」の域に入っているのではないでしょうか?!
私も、アルバム持ってなきゃすっかり忘れていたと思います。

このアルバムは、’93年にクリエイションからリリースされた彼らの1stアルバムですが、
某レコード店ではこのような説明がなされていました。

「スコットランドのギターポップバンド!GALAXIE500の切なさにTEENAGE FANCLUBの
優しさを足したような作品!メランコリックでノイジーなギターサウンドが満載!」

・・・そう、グラスゴー出身でクリエイションから出ているギターポップバンドといえばTFCですが、
このバンドも全く同じで、このアルバムなんてもうそのまんまTFCって感じです。
GALAXIE500に似てる?そうねぇ・・・まあそっち路線かもしれませんが、やっぱりTFCの二番・・・
もとい、至極TFCフォロワーなのでしょう。

じゃあTFC並みにすごいのかというと、惜しい!かなり近い雰囲気出しているのですが、やっぱり
メロがTFCには及ばず、せっかく出だしはいいのにサビが弱かったりするのです。

個人的には、TFCに対するBOYFRIENDの関係は、LA’Sに対するSTAIRSのそれと同じだな、と
思ったりして。
でも1stシングルも持ってるくらいだから、当時けっこう期待をしていたようです(笑)。

★hey big star


★searching


1.hey big star
2.summerthing
3.kojak
4.guitarist nipple
5.rockwieller
6.searching
7.leathered
8.#2
9.don’t even try
10.girl on my mind
11.why should I pretend?
12.air you breathe
13.sunburnt
[PR]
by gazing | 2011-04-12 21:26 | guitar pop

Teenage Fanclub - "Deep Fried Fanclub"

f0194236_2352890.jpg








Teenage Fanclubの初期シングルなどを集めた編集盤、1995年Paperhouse/Fireよりリリース。

こういうインディー時代の初期音源の編集盤は、だいたいバンド側の承諾なしにレーベルが勝手に
出しちゃったとかいうことも多いので、これもどうなんだかわからないけど、初期音源なんて手に
入らないものがほとんどなので、ファンとしてはこれはありがたい代物でした。

だいたい90~91年ごろにレコーディングされた曲のようで、カヴァー曲も数曲入っているのですが、
ほとんどの曲をあのドン・フレミングがプロデュース!「ドン・フレミングプロデュース」って響き
だけでもノスタルジーに浸れます(涙)。

TFCだと91 年リリースの”Bandwagonesque”が有名で、それに入っているThe Conceptや
Star Signなどが代表曲なのだろうけど、個人的にはTFCといえばGod Knows It’s Trueがすぐに
思い出されるのです。
多分当時この曲がクラブでよくかかっていたとか、よく聴いていたからだと思うのですが。

なので、この編集盤を聴くと本当に懐かしくて、さらに泣きメロだからけっこうグッときます。
当時もあんまりギターポップは聴かなかったけど、TFCは別格ですね。

★Everything flows


★God knows it’s true


1. everything flows
2. primary education
3. speeder
4. critical mass (orig.)
5.the ballad of john and yoko
6. god knows it’s true
7. weedbreak
8. so far gone
9. ghetto blaster
10. don’t cry no tears
11. free again
12. bad seed
[PR]
by gazing | 2011-04-09 23:14 | guitar pop

ivy - "lately"(EP)

f0194236_18411678.jpg









Ivyのデビューシングル、1994年 SEEDより。

ブログを更新できない間、たまに家のあちこちにつっこんでいるCDを掘り出していました。
90年代中期~後期は、飲んだくれてばかりいた人生だったので、買ったCDもろくに聴いて
いなかったのか、92年以降にリリースされたアルバムでウチにあるものは「こんなの持って
たんだ!」とか「なにこれ?」みたいなのばかり。
所有CDの中でもいろいろ新たな発見があって、けっこう楽しい。

その中でテキトーに聴いてみると、「これ、いいじゃん!」というのもあるわけで、この5曲入り
EPも、どんなのだったか全然憶えてなかっただけに、今再び聴いてビックリするぐらい良かった
です。

さてこのivy、NY出身の男性2人とフランス出身の女性1人からなるバンドで、この女性がヴォー
カルを取っているですが、あの頃のスウェーデン系ポップバンドのような(カーディガンズとか
クラウドベリー・ジャムとか)甘ったるい雰囲気じゃなく、爽やかでいてちょっと気だるく、
やや落ち着いた感じのギターポップサウンドが絶妙です。どこかオシャレ。

このバンド、今でも活動しているらしいです。男性2人は別ユニットも持っているようで、そっち
のほうがよく知られているようです。

このEPで私が1番気に入っている曲は2曲目のtwisting。
5曲目はOrange Juiceのカヴァー。
ちなみに私の持っているEPは、ivyのロゴの中に小さくNYCと書いてあるステッカーがジャケット
に貼ってあります。

★wish it all away


★twisting


Wish it all away
Twisting
I hate December
Can’t even fake it
I guess I’m just a little too sensitive
[PR]
by gazing | 2011-03-01 18:48 | guitar pop
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite