あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

Biff Bang Pow! - "L'amour,Demure,Stenhousemuir A Compilation 1984-1991"

f0194236_22253938.jpg








というわけで、The Creationをリスペクトしたバンド3連発。(また”3連発”で・・・)

まずはやはり、アラン・マッギーのバンドBiff Bang Pow!でしょう。

このコンピ盤は、1984 ~1991のこのバンドの6枚の作品から選び抜いた曲を集めたもので、
1991年に自身のレーベル、クリエイションからリリースされています。

これの品番がCRECD099で、次の品番CRECD100が、確かクリエイションの初期の作品を
網羅するあのコンピ盤”Creation Soup”だったから、実は品番にもこだわっているのかな?
なんてどうでもいいことを推察してしまいます。

それはさておき、91年当時はアラン・マッギーはすでにレーベル経営に忙しくてバンドは
活動停止だったような時期で(思えば91年にクリエイションからリリースされた作品群は
すごいものばかりだった!)、80年代のBiff Bang Pow!を聴いていなかった私には、便利な
コンピ盤でした。当時全然聴いてなかったけど・・・。

その後の彼の言動を考えれば、こんな繊細でネオ・アコな曲を作っていたとはにわかに
信じがたいのですが、特にドラムなしのアコースティックナンバーの曲なんて、切なく
美しいメロディでしっとり聴かせてくれるのです。

このアルバムの中でも私がもっとも好きな曲は、5曲目の”She Paints”ですね。
これは本当に素晴らしい。

★she paints


1.She Haunts
2.Someone To Share My Life With
3.Star Tripper
4.There Must Be A Better Life
5.She Paints
6.Ice Cream Machine
7.Hug Me Honey
8.Miss You
9.She Kills Me
10.I'm Waiting For My Time
11.Someone Stole My Wheels
12.Song For A Nail
13.Love's Going Out Of Fashion
14.Girl From Well Lane
15.Baby You Just Don't Care
16.The Chocolate Elephant Man
17.Tell Laura I Love Her
18.Searching For the Pavement
[PR]
by gazing | 2011-05-05 22:35 | neo acoustic
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite