あの音をもういちど

gazing.exblog.jp ブログトップ

OUT OF MY HAIR "DROP THE ROOF"

f0194236_1820798.jpg













1.in the groove again
2.mr.jones
3.safe boy
4.drop the roof
5.thieves in the fanclub
6.cool mathematician
7.why it doesn't snow
8.i'd rather be
9.judas flip
10.mary
11.river of gold
12.wide together
13.wendy
14.she turns it on
15.strange company

1995年、BMGビクターより。

なんだか最近、「いたいたこのバンド」というより「一発屋」特集みたいになっちゃってますね。

このアルバム、というかこのバンド、ちょっと不思議な日本デビューでした。
シングル”Mr.Jones"がいきなり日本の輸入盤屋で売り切れとなり、アルバムが本国イギリスより
日本で先行発売というまれなケースでした。

バンドはロンドン出身、曲はすべてヴォーカルのコンフォートが作っており、メンバーは4人。
だけど、シングルも含めジャケットはマーク・ボラン似のコンフォートのみで、PVも観たことないし、
いまいちこのバンドの全体像がつかめません。

そんなウンチクはいいとして、今日たまたまこのアルバムを聴いて、「あ、こんなハイ・クオリティな
アルバムだったのか!」とちょっと驚きました。

コンフォートがデビュー前にロンドンで弾き語りをしていたこともあってか、アコースティック・ギターが
心地よく、メロディー良しのアレンジ良し。ちょっとプロの域に入ってます。

アルバムの途中でちょっとお腹いっぱいな感じもありましたが、1.in the groove againと、
2.mr.jonesと、13.wendyはかなりいい曲です。

このレベルの曲を作るバンドがこのアルバムのみで去ってしまったとは、ちょっと残念。
まあ、アルバム全体を聴いてるうちに「60年代大御所の影響強いな~」とか、
「この曲、当時のブリット・ポップにありがち。オアシスみたい」など感じる曲があるのは否めません。

YouTubeで、M1、M2などが聴けるので、もし少しでも興味があれば聴いてみてくださいね。
(貼り付けなくてスミマセン)
[PR]
by gazing | 2009-06-28 18:55 | rock
line

1日1枚!


by gazing
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite